数年ぶりに布団で寝た結果

日々のこと
スポンサーリンク

こんにちわ。
工房長です。

実は実は、現在数年ぶりに布団で寝ています。
5~6年ぶりだと思います。
布団になって、今日で5日目くらいですね。

それまではどうしていたか。
ベッド・・・なわけがなく、
リビングのフローリングに直接寝てました。

なぜ、そんなことになったのか・・・。

母が体調を悪くして、高熱が続きました。
そのせいで、トイレにいくにもフラフラで倒れそうになったり、
熱のせいで喉が渇き、冷蔵庫に這っていったものの立ち上がれず、
イライラして奇声を発したり・・・。

その時工房長は自分の部屋でちゃんとベッドで寝ていたんですが、
その声を聞いて慌てて飛び起き母のもとへ・・・って日が2日続き、
これは、部屋で寝ている場合ではないと、母の部屋の隣にあるリビングで
寝ることにしました。

ただ、母も気を使うので、あくまでもテレビみてたらウトウトして
朝になっちゃった・・・の感じで寝てました。

結局、母は熱が下がらず入院したんですが、
退院してからも本調子ではなくそのままリビングで寝て、
夜中に体調が悪くなってもすぐに対応できるようにしていました。

それが、続いて現在に至ってます。

今は母も元気になったんで、自室で寝ればいいんですが、
心配性の工房長は、いつまた・・・と思ってしまうんですよね。

そんな状況を見かねてか、母がリビングに布団を用意してくれました。

これが、工房長が布団で寝なくなったいきさつと、
布団で寝るようになったいきさつです。

・・・5日間布団で寝た結果・・・。

・夜中に目が覚めない(眠りが深くなった?)
・起きたとき身体が楽
・肩、首の痛みが少し楽になった

今のところ良いことづくめです。
そりゃそうです。
寝床がフローリングから布団になって、良いことはあれど
悪いことがあるわけないですよね。

やっぱり、眠りは大切です。

それでは、また。

コメント